shiryoku_header2.jpg

レーシックの長所短所 一覧

軸性近視は普通の近視とは違うものです。

軸性近視は遺伝的要素が大きく、眼球自体が大きかったり、奥行きがありすぎたりして、網膜でのピントが合いにくいという近視です。

眼球が大きいということは網膜が普通の人よりひっぱられている状態ですので、網膜剥離の危険性が少し高いです。

軸性近視は当サイトでおすすめしているようなトレーニングによる視力回復は難しいといわれています。

軸性近視とわかったら、よくお医者さんと相談して、対策をしていくことです。
たとえば、レーシック手術で視力を回復する際に、自分の網膜はだいじょうぶかどうか?といった事柄を尋ねる必要があります。

レーシックの人気は2000年を過ぎてからから高まりました。

最初はスポーツ選手レーシックで視力を大幅にアップし、試合やトーナメントで結果を出した、
ということが広告的にも効果があったということです。


スポーツ選手は「今、成績を叩き出すことができれば、老後は目がどうなってもいい!」
というくらいのスピリットで戦いますから、視力回復へのチャレンジ精神も熱いんですね。


われわれ一般人が「老後は目はどうなってもいい」と言えるかというと、なかなか言えません。


くわしい人ほどレーシックの長期予後は誰も保証してくれないから、
スポーツ選手ほどの必要性がないなら、やめておけば・・・・?」
といいます。
(逆から言えば保守派ですが)


お医者さんのサイト「神経質礼賛」より一部引用します。
http://shinkeishitsu.cocolog-suruga.com/blog/

以前から医師のサイトではレーシック手術の是非が話題になっている。 短時間の日帰り手術で眼鏡やコンタクトが不要になるメリットは大変大きい。


しかし、問題点もある。
フラップを作ることで角膜中心部の神経が切断されるためにドライアイになることがある。
手術を受けたことで角膜の機械的強度が低下して、外傷時に眼球破裂を起こすリスクが高まるという点も指摘されている。
また、角膜を削りすぎてしまった場合、もはや補正は困難である。


そして何といっても、長期予後がまだ不明であり、10年先、20年先になって、問題が起らないという保証はない。
そうしたデメリットを考えると慎重な神経質人間はすぐには飛びつかないと思う。

プロゴルファーにとって視力は成績に直結する大切なもの。
選手生命をかけて2.0や2.5に視力アップします。
やはり、それに伴って成績もアップすることが多いようです。


レーシックで視力回復したプロゴルファー一覧


(敬称略)イントラレーシックなども含む
 尾崎 健夫(錦糸眼科)
 片山 晋呉(神奈川クリニック眼科)
 片山 真里(神奈川クリニック眼科)
 竹末 裕美(神奈川クリニック眼科)
 谷口 拓也(品川近視クリニック)
 平塚 哲二(品川近視クリニック)
 中嶋 常幸(南青山アイクリニック)
 芹澤 信雄(南青山アイクリニック)
 友利勝良(南青山アイクリニック)
 林 眞平(神戸クリニック)

 東尾 理子
 新関 善美
 西川 哲
 レティーフ・グーセン
 天沼 智恵子
 市原 健彦
 岩間 健次郎
 大塚 有里子
 北田 瑠衣
 小達 敏昭
 高橋 勝成
 タイガーウッズ
Tiger Woods PGA Tour 08 (輸入版)

発言小町より気になる質問と回答を引用。


Q
30代前半の女性です。

医療従事者近視の方に質問です。
レーシックを受けたいと思いますか?
レーシックを受けた方の決め手、受けたいと思う理由、受けない理由などを教えてもらえると嬉しいです。
パソコンを使う仕事なのと、まだレーシック自体が始まって何十年と経ってないので迷っています。周りに医療関係者もいないので、違う視点での意見が聴ければと思ってます。



A
「目が命の仕事なので長期経過観察の報告が発表されていない.結局老眼は止められないし、レーザーによる萎縮も考えられるからやめなさい」と主人にとめられました。
主人も医療従事者です。
友人には「すごい便利だよ」とは言われましたが。


A
私自身も近視+乱視ですが、レーシックを受けるつもりはありません。また、周りの医療スタッフに相談された時も、「やめたほうが良い」と伝えています。
レーシックは術後30~50年たってどうなのか?という長期予後がわかりません。
メガネコンタクトで矯正可能なら、受ける価値はあまりないと考えています。


A
薄暗い所で精密作業が出来なくなると手術もできなくなり失業しますのでレーシック手術は受けません。
視力検査で良い数値がでても、実際に細かい作業が出来ない目になる可能性があるからです。
ゴルフなら向いているでしょうが、近くで精密作業をするような専門職の人にとっては大問題です。

視力表の数値というのは基準にすぎないのです。



A
看護師ですが、悩んだ結果レーシックはしませんでした。
いつもメガネです。
レーシックをしなかった理由としては、裸眼視力が両目で0.4程度で日常生活にそれほど支障がなかったため。
近視だと近くが見えていますが、レーシックを受けると近くが見えにくくなることがあるということです。

裸眼で日常生活が困難なくらい視力が極端に低ければ、レーシックを受けるのもありだかな。
レーシックを受けると、手術前の状態には戻れません。


レーシックを受けていない医療従事者のご意見ですから偏りはありますが、
近くを見るにくくなる可能性があること。
30年後にどうなるか誰もしらないこと。

などの危険性は参考になりますね。

ウェーブフロントレーシックの最大の特徴は、乱視が強い人など、個々に適応したエキシマレーザーを照射できること。

従来のレーシック手術では強度の乱視を治すことは難しかったのですが、
ウェーブフロントレーシックなら矯正可能になってきます。


ウェーブフロントアナライザーという検査機器はとても精密で、
いままでに解析できなかった眼球の細かな凹凸を光学的に解析できるのです。

ただし、最新の機器があるからといってどんな目も視力を上げられるわけではありません。


レーシックであっても、ウェーブフロントレーシックであっても、
角膜が薄すぎると手術は断られますから、
まずは診察と検査から。ということになります。



くわしい資料はこちらから。

レーシック無料資料請求一覧

初めてだと恐怖感いっぱいのレーシック

レーシック

施術時間は一瞬ですが、どのクリニックでも検査にはかなりじっくりと時間と日数をかけます。

それでも、それぞれのクリニックで方針も手術の種類も違いますから、通いやすいクリニックに行けばよいというものでもありません。

資料をたくさん取り寄せて自分の目で判断しましょう。

なお、請求する際の情報の記入はそれなりにめんどうですから、
何回かに分けたりせず、時間のできたときにどばっとやってしまうほうが気持ちが楽です。

さて、素人なりにレーシックのクリニックを選ぶ基準を持っておきましょう。

神奈川クリニック眼科北澤先生のことばを引用します。

【レーシック手術を受ける際のいい病院、悪い病院を見分ける基準】
● 値段が安すぎない!
レーシックは手術自体は短時間で終わるのでたくさんの手術をこなすことができそうに思えますが、術後のケアをちゃんとしなくてはならないので、コンベアーのようにどんどんとすることは本当はできないのです。だからコストはけっこうかかるのです。
院長を含め眼科専門医がいる
術前3日くらいから抗生物質(抗菌剤)の点眼をさせる
清潔な手術室である(見た目にも)
● これはわかりにくいですが、手術の翌日、1週間後、1カ月後など節目で必ず検診を行い、感染の兆候などを早めにみつける体制を整えている

行ったその日に手術をするようなクリニック、次回に手術をするようなクリニックはちょっと焦っているクリニックですね。


また、保険をうまく利用できるクリニックは高くても、結果的には安く済みますから、その点も必ずチェックしましょう。


レーシック無料資料請求できるおすすめのクリニック


品川近視クリニック 所在地:東京。横浜、名古屋、大阪、福岡天神
神戸クリニック 所在地:札幌、東京、大阪、神戸、北九州
レイ眼科クリニック 所在地:神戸

銀座眼科の感染症の事件は記憶に新しいですね。
30日に被害を受けた患者50人が総額約1億3300万円の損害賠償を求める訴えを起こしたそうです。


レーシックの手術件数はこの数年急速に増えて、クリニックも薄利多売で競争する時代になってしまいました。

日本眼科学会では手術費用を片方の目につき20万~30万円としています。

要するに両目で10万円というのはかなり無理をした料金設定なのです。

ただ、安いから危ないという単純な話ではないので、
受ける側もある程度の知識を持って、チェックポイントを知っていたほうがよいでしょう。

以下は安心LASIKネットワークによるレーシック手術前のチェック事項です。

参考にしてください。

● レーシック手術前のチェック事項 
(「安心LASIKネットワーク」のホームページから抜粋)

 (1)視能訓練士ら眼科検査スタッフによる十分な検査を受けて、その後、眼科専門医による診察も受け、検査内容と結果について、医師からきちんと説明を受けたか

 (2)高度近視や角膜の厚さが薄い人の場合、レーシック以外の術式を選択肢として検討したか

 (3)術前検査とカウンセリングに十分な時間をかけたか。治療について十分理解できたか

 (4)年齢や手術の目的などを考慮した目標視力の設定を医師と十分に話し合う時間を持ったか

 (5)手術の合併症やデメリットに対する説明を受けたか

 (6)初めての適応検査後、手術までに一定の日を空けているか

 (7)手術後、短期のみならず長期にわたる定期検査を行う予定があるか

 (8)執刀医を把握できる診察だったか。担当医師、執刀医は眼科専門医か

 (9)不安に思うことをきちんと質問できたか。医師はそれに十分説明してくれたか

 (10)術後に問題があった場合、最後まできちんと治療することが期待できる施設か

レーシック格安競争のニュースより。

神奈川クリニック眼科北澤先生のことばです。
レーシック手術を受ける際のいい病院、悪い病院を見分ける基準は?

院長を含め眼科専門医がいる

術前3日くらいから抗生物質(抗菌剤)の点眼をさせる

清潔な手術室である

手術の翌日、1週間後、1カ月後など節目で必ず検診を行い、感染の兆候などを早めにみつける体制を整えている

「行ったその日に手術をするようなクリニックは、ぜひとも避けるべきです」
とのこと。


もうひとつは
安全で質の高い医療を行うためにはそれ相応の費用が必要であるということ。

手術自体は短時間で終わりますが、術後のケアをしっかりしなければなりません。
本当はそんなに多くの患者を診ることはできないはずで、コストカットしにくい手術なのです。


レーシック格安競争激化でたいへん安い料金のクリニックもありますが、
慎重に選択しましょう。


あとは医療保険をうまく活用できるかどうかチェックすることです。

川村式視力回復法などのトレーニングをメインとした方法はじわじわと自分で視力を上げる方法。

レーシックイントラレーシックなどの手術はズバっと視力を劇的に上げる方法。

どちらも向き不向きがあります。


まず、ダイエットなどといっしょですぐにあきらめてやめてしまう傾向がある人は川村式ではたぶんダメです。
すぐに自己流にアレンジしてしまう傾向のある人もダメ。
やるからにはじっくりと続けることです。

さて、絶対にレーシックのほうが向いている職業もあります。


競馬の騎手など近視では採用してもらえない職業を希望されている方、
柔道やレスリング、相撲、バレーボールなど、眼鏡やコンタクトレンズを使用していると危険を伴うスポーツをしている方、
視力の良さが直接スコアに響いてくるゴルファー。


プロなら2.0以上に合わせます!
日常生活に支障があろうが、成績のほうを優先する。
プロ根性を感じますね。

レーシックなら10万円から20万円。川村式視力回復方法なら2万円以下。
それなら、まず川村式にトライしてみればよいのでは?

と、書いてきました。

でもレーシック手術がもっと安く受けられるのなら、
あなたの選択肢も変わってくるかもしれません。


友人が今年レーシック手術を受けました。

品川近視クリニックでした。

術後もとても快適でいまのところ大満足だそうです。


「次の日にちょっと目がしみたくらいで、他はなんともなかった」


「いまは視力2.0。だんだん1.5程度に落ち着くらしい。」


「メガネをしている人を見ると、なにかファッションにこだわりでもあるのかな?と思う」


「レーシックは怖いなあとウジウジ悩んでいる人が哀れに思える」


などとレーシックを受けた人にしかわからない実感(笑)を話してくれました。

費用をきいてみると、
品川近視クリニックのスーパーイントラレーシックのキャンペーンでまず
18.8万円が17.8万円に。曜日割など適用
(11月3日から6日だと17万円に)

さらに彼はサラリーマンで医療保険に加入しています。
申請をすれば10万円以上の保険金が下りて、
実際に自分で払った費用は5万円くらい
だったそうです。


もし、医療保険に加入していたらかなり費用の心理的負担は減りますね。

品川近視クリニックの資料は無料でもらえます。
ページを開いて右上に資料請求というボタンがあります。
メールの無料相談もあります。
品川近視クリニックレーシック

このページの上部へ